PROGRAM VISUALBASIC

Visual Basicでプログラムを作成しよう~ジャンケン

クラスを使ったジャンケンプログラムを作成しよう

今回は、クラスを使ったジャンケンプログラムを作成しましょう。
本記事で作成するプログラムの環境は、以下の通りです。

本記事で使用する開発環境

  • IDE(統合開発環境)は、Visual Studio Community 2022 を使用します。
  • 開発言語は、Visual Basic を使用します。
  • フレームワークは、.NET Framework 4.8 を使用します。

Visual Studioのインストール方法は、以下のマイクロソフト公式サイトを参照してください。

ジャンケンのルール

ジャンケンはご存じのように、「グー」「チョキ」「パー」の三すくみになっています。
プレイヤーはグー、チョキ、パーのどれかを画面から入力して、コンピューターはグー、チョキ、パーをランダムに選択するようにします。
このゲームの仕様は、以下のようになります。

ゲームの仕様

  • プレイヤーは、グーは「1」、チョキは「2」、パーは「3」を入力する
  • プレイヤーが、1、2、3以外を入力した場合、メッセージを表示し、再度入力させるようにする
  • コンピューターはランダムにグー、チョキ、パーを選択する
  • プレイヤーとコンピューターの出した値を画面に表示する
  • どちらが勝ったかを表示する
  • ジャンケンを3回繰り返し、合計の勝利数が多い方を勝者とする

ジャンケンをするメンバーのクラス

まず、ジャンケンをするメンバーの情報を格納するクラスを作成します。
コンピューターのジャンケンの手は、Randomクラスを使ってランダムに出します。
クラスをインスタンス化する時に、メンバー名が渡されるようにして、コンストラクタの中でプロパティに設定します。
ジャンケン実行メソッド(Play)では、RandomクラスのNext()メソッドを使って、1~3の値を発生させ、Actプロパティに設定します。

ジャンケンプログラムのモジュール

ジャンケンプログラムのモジュールは、以下のようになります。
ジャンケンの手(グー、チョキ、パー)を、Dictionaryを使って設定します。
ジャンケンの勝ち負けを、各インスタンスのプロパティに加算していき、ジャンケンが終わった後に勝敗を判定します。

プログラムの実行

プログラムの実行結果は、以下のようになります。
実行する時は、Ctrl + F5キーを押下してデバッグなしモードで開始します。

vbjanken1-1
実行結果

-PROGRAM, VISUALBASIC
-,