PROGRAM VISUALBASIC

Visual Basicでプログラムを作成しよう~変数【初心者向け】

変数を使ったプログラムを作成しよう

今回は、変数を使ったプログラムを作成してみましょう。
変数とは、様々な値を格納する領域です。
変数は名前の通り、変数に入れた値を変更することができます。
なお、入れた値が変更できないものを定数といいます。

変数の使い方

変数を使うには、まず変数を宣言しなければなりません。
変数は、Dimステートメントを使い、As句で型を宣言します。

Dim 変数名 As 型

As句で指定できる型には、基本データ型(Integer、Boolean、Longなど)やオブジェクト、.NET Framework(Label、TextBoxなど)など多くの種類があります。
また、以下のように、1つのステートメントに複数の変数を指定することもできます。

Dim name, team As String

1つのステートメントに型の違う変数も複数指定することができます。

Dim no As Integer, average As Single

変数を使ったプログラム

変数を使った簡単なプログラムは、以下のようになります。

vbstart2-1

変数の値を変更するプログラムは、以下のようになります。

vbstart2-2

定数の使い方

最後に軽く定数についても触れておきます。
値の内容が固定となる定数は、Constステートメントを使います。

Const 定数名 = 値

なお、以下のプログラムのように、定数の値を変更しようとすると、コンパイル時にエラーが出力され、コンパイルは失敗します。

vbstart2-3

-PROGRAM, VISUALBASIC
-,