PROGRAM VISUALBASIC

ASP.NET(VB.NET) MVCモデル入門~データベースにデータを登録する

データベースにデータを登録するプログラム

今回は、こちらの記事で作成したプログラムを元に、データベースにデータの登録処理を追加します。
下図のように、登録画面へのリンクをデータ一覧の下に配置します。

vbmvc14-1

データ登録用のコントローラーを作成

新規にデータ登録用のコントローラーを作成します。
コントローラーには、データ入力用(Insert)、データ確認用(InsertConfirm)、データ登録用(InsertDb)の3つのメソッドを作成します。

データ登録用の処理を追加

既存のDbModelクラスに、データベースにデータを登録するメソッド(InsertEmp)を追加します。
引数で渡されたEmpモデルをAdd()メソッドで登録します。
データを登録した後に、SaveChanges()メソッドでデータベースの状態を保存します。
データ登録に関する詳しい内容は、以下のマイクロソフトの公式サイトを参照してください。

データ登録用のビューを作成

データの値を入力するビューを作成します。
Formの送信先に、InsertコントローラーのInsertConfirm()メソッドを指定します。
また、「戻る」ボタンは、JavaScriptを使って、HomeコントローラーのIndex()メソッドに飛ぶようにしています。

データ登録画面は、以下のようになります。

vbmvc14-2
データ登録画面

データ確認用のビューを作成

入力したデータを確認するためのビューを作成します。
値を表示するDisplayFor()メソッドは、Formでデータを渡すことができないので、HiddenFor()メソッドを使って、値をInsertDb()メソッドに渡します。

データ確認画面は、以下のようになります。

vbmvc14-4
データ確認画面

「登録」ボタンを押下すると、入力したデータがデータベースに登録され、一覧画面に戻ります。

vbmvc14-5
実行結果

-PROGRAM, VISUALBASIC
-, , , , ,