PROGRAM VISUALBASIC

ASP.NET(VB.NET) MVCモデル入門~SQL文を使ってデータを取得する

SQL文を使ってデータを取得する

前回のプログラムでは、SQL文を使わないで、データベースから値を取得しました。
今回は、データベース操作で一般的に使われるSQL文を使って、値を取得してみましょう。

Database.SqlQuery()メソッドの使い方

SQL文を使うには、Database.SqlQuery()メソッドを使います。

Database.SqlQuery(Of 型)(SQLクエリ文字列、パラメーター)

クエリから返される列の名前に一致するプロパティを持つ任意の型
SQLクエリ文字列ダブルクォーテーションで囲ったSQLクエリ文字列
パラメーターSQLクエリ文字列に適用するオブジェクト

Database.SqlQuery()メソッドの詳しい内容は、以下のマイクロソフトの公式サイトを参照してください。

データベース操作モデルの修正

前回のプログラムからの変更点は、8行目だけです。

プログラムの実行結果は、前回と同様になります。

パラメーターを指定する

オプションのパラメーターを指定するには、オブジェクト型のSqlParameterクラスを使います。
SqlParameterクラスの詳しい内容は、以下のマイクロソフトの公式サイトを参照してください。

以下のサンプルプログラムは、SQLクエリにwhere句で条件を追加して、条件の値をSqlParameterを使って渡しています。

パラメーターが複数あった場合は、9行目を以下のように記述します。

また、パラメーターをオブジェクト型の配列として定義して、それを渡すこともできます。
パラメーターの数が増えてくると、以下のように記述する方がスッキリすると思います。

-PROGRAM, VISUALBASIC
-, , , , ,